このページを印刷する

個人情報保護方針


有限会社オンデマンド印刷(以下、当社という)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報を適正に扱いその保護を徹底することが企業の社会的責務であるとの認識のもと、個人情報保護に関する方針を次のように定め、役員及び全従業員に周知徹底を図り、個人情報の保護に努めます。


1. 個人情報の取得、利用および提供

(1)個人情報を直接取得する場合

・適法かつ公正な手段により本人の同意を得て取得を行います。

・個人情報を取得する場合は取得目的を明確にし、目的を達成するために必要な範囲内で行い、目的外利用は行いません。

・個人の利益を侵害される可能性の高い機微情報は、本人の明確な同意、法令等の特別な規定がある場合を除き取得を行いません。

(2)個人情報の利用と提供する場合

個人情報の利用は、個人情報本人の同意をいただいた範囲で行い、取得した情報は本人さまの同意を得ない限り目的外利用、第三者に提供、開示等を行いません。


2. 委託個人情報の取扱いに関して

当社は委託された個人情報について、お客様が安心して頂けるよう十分な個人情報の管理を行い、受託業務以外の目的には使用しません。


3. 個人情報の安全管理と是正

当社は、取得、又は委託された個人情報を最新状態に保ち、個人情報の漏えい、滅失又はき損などに対して予防処置を講ずることにより個人情報の安全性・正確性の確保を図ります。万が一、問題が発生した場合には、被害拡大防止に努め、速やかに是正処置を実施いたします。


4. 従業者及び委託先の監督について

当社は、安全管理措置の実施、その他の個人情報の適正な取り扱い確保のため、従業者に対し必要な教育研修を実施し、適切な管理・監督を実地します。また当社では個人情報の加工、発送などの目的で外部に業務委託する場合があります。外部への個人情報を委託する際は個人情報の管理水準が、当社の設定する安全基準を満たす企業を選定し、委託契約において、安全管理措置、秘密保持、再委託の条件その他関する事項について適正に定め、必要かつ適切な管理・監督を実施します。委託された印刷業務において、発送以外の業務での再委託は行いません。


5. 法令・規範の遵守

当社は個人情報の取扱いにおいて当該個人情報の保護に適用される法令及びその他の規範、国及び関連機関・業界団体が定める指針などを遵守します。


6. 個人情報保護マネージメントシステムの策定及び継続的改善

個人情報保護を適切に維持するために、個人情報マネージメントシステムを確立し運用します。定期的に運用状況について監査を実施し、継続的な改善に努めます。


2015年9月15日改訂
2005年1月1日制定
代表取締役
生島 裕久